×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

J-CD supernova/カルマ インタビュー



―――BUMP OF CHICKENは11月23日にsupernova/カルマを発売しました。
supernovaはゆったりとしたリズムと、壮大なコーラスが耳に残る
スケールの大きな楽曲です。

直:最初は1コーラスしかないシーケンサーで作ってきたのを
レコード会社でさっと聴かせてもらいましたね。
あの壮大なイメージは既にありました。


―――たくさんのパーカッションが活躍してるのも、この曲の特徴です。

升:こんだけ入れたのは初めてですね。

直:なに使ったのか言ってやれよ。

升:まぁいろいろな楽器を使いましたね。

直:ひとつぐらい言ってやれよ(笑)

升:カホーンっていうこうやって叩くやつをね。
藤原と向かい合わせになってこう・・・(叩く真似)

直:やって

藤:こういう状態ですよ(升と藤原で少し向かい合って叩く真似)

直:(指パッチン)

もう1曲のカルマはゲームソフトのテーマ曲として書き下ろされたナンバーです。
彼らはゲームは好きなんでしょうか。

弘:好きです。ウチらはよく4人で集まってゲームとかしたりするんですけど
パーティゲームみたいな、もう大好きですね。


―――しかし、上手くはないそうです。

藤:なんでできないかっていうと、始めようと思う頃には既に
上手いやつがいっぱいいるんです、周りに。

直:悔しい!

藤:もうあんまやる気しないですよね。そうなると、負け街道じゃないですか、もう。

直:ゲームオタクだぜとは言えないっす

弘:おこがましい(笑)


―――彼らの来年1月からのツアーはアリーナクラスの会場が増えた大規模なものになっています。

直:JAPANのフェスなんてね、3万人の前でやってるわけですけれども
本当に1対1の気持ちでやってるし、
それがたまたま3万人いるか1人かなんて関係ないんですよね。
だから規模が大きくなっても、音楽って言うのは遠くに離れるもんじゃなくて
すぐそばにいるもんだから。


―――ドラマーの升が、わざわざ1曲ごとに立ち上がって客席を見渡すのも
そういった意味なんでしょうか。

直:パフォーマー?(笑)

升:パフォーマー?(笑)
パフォーマンスっていうか・・・まあなんかもう構われたいんですよ。構われたかった。

藤:意外な答えだな。

升:でもなんかまあ構うと「やめてくれ」みたいな。

直:人間そういう・・・

升:人間ですよね。

直:(笑)

升:(笑)

藤:責任を人類規模に言及したところがちょっと俺は・・・
ちょっとよくねえんじゃねえかと。個人の話だろ!それは。
だから構われたくない奴はできるだけ目立たなくしてると思うよ。

直:構われたいんだって

藤:お前はさ、何なの?

升:(笑)

直:(笑)ドラマー

藤:だから立つんだったらさ、見ちゃうじゃん、みんな。
で、そのあとの行動にやっぱり期待を馳せるじゃん。

直:ワーッてなるよね

升:お前ら全員立ってっからさ、休んでたくねえんだよ。
一緒だ!って、俺も立ってるぜ

直:藤君、後姿しか見えねえけど、マジ俺立ってるぜ

藤:とりあえず、升、今度飲むか。


―――確かに初めてバンプのライブを見た人は必ず
「升のアクションがおもしろかった」と言います。

升:いやあ、嬉しいっすね。そういうのがあるからやめられねえなあ。

藤:すげえいい顔してた、今、お前。


―――彼はバンプがまだライブハウスで活動していた頃
「ドラマーが見えなかった」という意見が多かったことを内心気にしていたそうです。

全:(笑)

直:純粋!純粋!

升:まあね

直:よかった、よかった

藤:ピュアだなあ、お前はピュアな奴だなあ

直:藤君、そう言うとなんか、まるでお花が咲いてるみたいになっちゃうから。

藤:それ聞くと聞かないじゃ、俺のお前に対する印象が大違いだから。

升:大違いでしょ。

直:逆に飲みにいった方がいいよ


―――supernova/カルマは今週一体何位にチャートインしているのでしょうか。
このあとのトップ10をお楽しみに