×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年5月22日 PONTSUKA!!



升:深夜3時をまわりました。
奈良県の「まさ」からのメール。
「こんばんわ。僕は高校生なんですけど、アルバイトをしたくて
面接何回も受けたんですけど、全て落ちてしまうんです。どうすれば
面接受かりますか?教えてください。」
まぁこれはあれだよね。逆の立場になって考えるといいんじゃないかな。
とる方は何を求めてるかってことだよ。やっぱ仕事に対する熱意とか、
そういうのを見せないとだめだよ。で、やっぱねぇ、雇う方もあれだから、ねぇ、
「給料も半分でいいです」とか言ったら一発なんじゃねぇの?


全:BUMP OF CHICKENのPONTSUKA!!

曲:キャッチボール

弘:こんばんわー。いまだに覚えている物理の法則といえば
「ボイル・シャルルの法則」のBUMP OF CHICKENの増川弘明です。


升:いまだに覚えている数学の公式といえば・・・
「縦×高さ÷2」BUMP OF CHICKENの升秀夫です。

直:いまだに覚えている太陽系の惑星といえば
「ニコちゃん星」(笑)BUMP OF CHICKENの直井由文です。

升:太陽系だっけ?(笑)

弘:あれ太陽系だったっけなぁ?

直:いや、あれ太陽の真横とかにあっても、なんか普通にあるみたいな感じだと。
そして今聞いてもらったのは、僕達BUMP OF CHICKENでキャッチボールでした。
さて、今年はねぇ、「世界物理年(ぶつりどし)」って言われてるんだって!

升:(笑)物理年。物理年。

直:だって書いてあるんだもん!

升:「ぶつりねん」とかじゃなくて?

直:「ぶつりねん」?

全:笑

直:「ぶつりねん」でも「ぶつりどし」でもいいじゃない。

全:笑

升:なんか申年みたいなタイプだからさぁ。

全:笑

直:だから「物理」みたいな人がいるんだよ、きっと。それはね、アインシュタイっていたの覚えてる?

全:笑

升:いや、会ったことはねぇけど。

直:おれらの年代ではなかったと思うけど、
あの、まぁ大体アインシュタインみたいな人がいたらしいの。
おれの記憶が正しければ。笑。
で、20世紀の物理の元ともいえる論文を発表した年なんだって。
それが1905年?おー結構近いじゃん。100年たったんだって。
で、アインシュタインが亡くなって、50年。ね、亡くなってから50年。
俺メール入ってきてるけど、今。まぁ気にしないで。うん。
で、今年は物理年だと。アインシュタインというと、あの舌を出した写真など、
お茶目なカンジがしますが、物理や何?理科、化学好きでしたか?秀ちゃんは?

升:ん?なんか、なんかさぁ、別にできる人ができればいいじゃん、そういうのは。
だから、だからやっぱ持ち前みたいなもので。ヒロは・・・

直:ヒロはまぁ好きだったよね。

弘:好きだったねぇ。

直:でも俺らさぁセキモっちゃんっていう理科の先生いたじゃん?
あの人の話を聞くのは好きだったね。

升:あ〜話はおもしろい。

直:あれなんだよ。理科の授業で、なんかすげー不思議なビデオをとか見せてくれるの。
そういうと、なんだ、聞こえ悪いか。
たとえば生物が何故誕生したかみたいな特番を自分でビデオ録って、
それを俺らに見せてくれたんだよね。

弘:まぁ物理とか化学とかの範疇(はんちゅう)のものだったよね。大体は。

升:そうそう。モケールモベルデの話とかすげぇしてたよね。

直:モケールモベルデとか、あとドッペルゲンガーの話とか(笑)

全:笑

直:あとなんか「タンスの中に宇宙」の話とか。なんかそういうおもしろい話をたくさんしてくれたおかげで俺は好きだったな。でも昔から好きだったな。なんか理科とかちゃんと勉強するんじゃなくて、フ〜ンって覚えるのが好きだった。

升:覚えるだけでしょ?

直:そう。あと「台風って〜」とか覚えてたよね。そういえば台風の日俺ん家でさ、ずーっと語り明かしたよね。台風について。違う、確かあれは台風じゃなくて女について語ってた。ということで、今夜はみんなから届いた・・・今夜「も」だね!みんなから届いた手紙を紹介しましょう。まずは普通のお便りから。

升:普通のお便りからです。

直:では、俺はマナーモードに切り替えます。

升:17歳のかなめちゃんからです。かなめちゃんでいいのかな?「この春から受験生になり、ハードな生活に早くもくじけそうです」

直:マジー?

升:うん、まぁ、まぁしょうがない。「みなさんに質問があります。男の人は女の人に、車の助手席で狙われたらカチンときますか?それとも嬉しいですか?」

直:なんか全然関係ない話になっちゃったね・・・。途中から。なんか「新生活について疲れをとる方法」とかじゃないんだね。

弘:じゃあこの人は年上の彼氏と付き合ってる・・・

直:いや、年上とか限らない

升:まぁ17,8ぐらい・・・

直:そっか。ぶっちゃけ、あれだよ。寝方によるもん。あのね、安心してくれてんだなって寝方ってわかんのよ。まぁ起きてて・・・。あのさぁ寝るにしても、始めは起きてて、なんか俺に話しかけたりするじゃん。いつの間にか、1時間ぐらい過ぎたあたりから寝だす、みたいな。座って速攻寝るとか(笑)

全:笑

升:疲れてるんでしょ?

直:たとえばさ、行きは寝ない。車の行きは寝ないけど、帰りは寝るとか。そういうカンジが。

弘:行きも帰りも寝るとか(笑)

升:行きは朝が早くて、そのせいで寝てるみたいな。まぁこれはケースバイケースだね。

直:そう、ケースバイケース。嬉しいのは、気遣い。たとえば、俺がコーヒーを飲もうとしたら、缶をカッって開けてくれるとか、あとおにぎりとか開けてくれるとか。超萌えねぇ?

弘:で、2分後には寝てる。

直:それはない(笑)それか、俺におにぎりを出した時にもう寝てる(笑)逆に好きになるもん。すごくない?だってそれ。

升:まぁそういうね。まぁお互い気を使っていくといいんじゃないかな?

直:そう、気を使ったほうがいいよ。

升:フツオタ修学旅行編。「藤の花14歳です。」

直:藤の花?

升:いや、知らねぇよ。「私は中学3年生で、受験生なんですが、もうすぐ修学旅行。6月2日から4日までガーリ、場所は東京です。」

直:(笑)何今の「ガーリ」って。

升:え?「修学旅行『があり』場所は東京です。その修学旅行のスケジュールの中に、班別行動があって、その時間は東京の中を自由に回れます。私が住んでいる愛知県からは程遠い東京なのに、どこに行ったら楽しいのかわかりません。そこでバンプのみなさん質問です。バンプのみなさんが『ここがおもしろい』とか『ここがオススメ』とかいう場所があったら教えてください。」

直:東京だろ?

弘:教えてやりてぇもんだなぁ。

直:東京でここがおもしろい、かぁ。

弘:大体原宿いっちゃうと思うんだ。

直:いや、原宿おもしろいべ。

弘:おもしろいけど、イッパイいるじゃん。人もイッパイいるし、多分楽しめるのかなって少し思う。

升:愛知県ね。

直:愛知だったらさ、竹下通りとか行ったらマジおもしろいと思うんだよね。

弘:マジからまれたりとかもするけどね。

升:からまれはしないけど、なんかねぇ、外国人の方につれていかれて、すごいブカブカの服を買う羽目になっている子を俺はよく見る。

直:あのね、だから修学旅行だったらちゃんと男に守ってもらったほうがいい。女の子だから。多分「藤の花」って女の子だよね?

升:だからそんな話をしてるんじゃなくて、どこに行ったらいいか・・・。

直:だから竹下通りに行ったらいいんじゃねぇかって言ってんだよ!あと、今の時代だったら六本木ヒルズとか上ってみたらいいかもしれない。あれおもしろいよ。

升:高いところ全部上ればいいんじゃないの?

直:そう。いや、六本木ヒルズは上ったらおもしろいんじゃないの?

升:でも原宿とかお金使わないとさ、若干あれじゃない。

直:ぁ、じゃあお金使わないで

弘:その日のためにね、貯めておくとか。

直:まぁまぁね、じゃあお金使わないスポット考えてみようよ。俺ね、いいこと思うんだよ。浅草。

升:あぁ浅草ね。

直:あ、でもさ逆に愛知の子からしたら

升:いや、でも浅草おもしろいよ。外人いっぱいいるもん。

直:あとなんか勘違いした、日本のファッションをよく見る。

升:あとまぁ「花やしき」とかね。

直:カタカナで「ハラキリ」とか書いてあるTシャツとか。それも日本人が売ってるからね。

弘:それか巣鴨とか・・・。

直:巣鴨はさすがにちょっとねぇ

升:渋い。渋すぎるなぁ。

直:ちょっと渋い。じゃあ浅草とかオススメ。あそこお金かかんないと思うよ。

升:でも修学旅行にみんなどこ行くのかね?東京タワーとか?

直:いやでもさ、原宿とかすごいじゃん。

升:原宿ばっかとかじゃないのかな?

弘:東京タワーとか

直:あとね、そう東京タワーでしょ。

弘:吉祥寺とかいかねぇのかな。

升:吉祥寺(笑)

直:あと東京湾でフェリーとか、ああいうのに乗ったりするよね。で、海浜公園とかまで行って、なんか水族館見たりとか。じゃない?

弘:六本木とか、まだあんまりいないかもね。

直:あとディズニーランド行っちゃうよね。じゃあ愛地球博。

升:じゃあラブメール

直:そっち行きてぇわ。逆に。

弘:はい、「バンプのみなさんこんばんわ。中3のイツキと申す者です。」女の子だね。「突然なんですが、修学旅行の班で、好きな人と同じ班になってしまいました。正直ウハウハなんですが、何か失敗をしてしまいそうで心配です。失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?バンプのみなさんは、もしこんなシチュエーションになったらどうしますか?教えてください。ちなみに私の好きな人は保育園から一緒の幼なじみです」

直:うわー超いい。

弘:ツカポンとジャガーみたいなカンジだ。

直:塚本ジャガーは男と男だろ。

弘:失敗しないためにはってさ、別に成功することをまず考えればいいんじゃねぇか?

直:待って。女の子が何したら嫌か。って思うけど、修学旅行でね好きなね・・・。っていうか俺好きでもなかった子と同じ班で、女の子はやっぱり可愛らしく見える。

升:(笑)人間の心理でしょ?

直:そうそうそう。

升:一緒にいるとだんだん好きになっちゃうみたいなカンジだよね。

直:何してても、思わない?

升:思う。だから、自然に振舞うみたいなカンジだよ。あとなんか頑張っちゃだめだね。

直:え、でもさ、逆になんか明らかに好きな人に対して頑張っちゃってる子見るとさ・・・。ぁ、俺あるある!なんかね、男子ってハンカチとか持ってないのよ。で、常に一緒にいるじゃん。で、バカだから俺の周りウワーみたいなカンジになってて、「手超汚れちった」とか言って、そしたらなんかサッって出すの。ティッシュとかハンカチとかにね、もう惚れちゃうのよ。

全:笑

直:だから電車で隣に座った子とかに惚れちゃうのよ。

升:そう、それで結婚相手が決まっちゃう。

直:そうなっちゃうの。ズッキンきちゃうの、俺。

升:そのポイントを見極めることだね。

直:例えばラーメンとか食っちゃうの俺らの班ね。俺と秀ちゃん同じ班だったんだけど、食ってて鼻水とかたれてくんじゃん?あぁいうときに、恥ずかしいじゃん?なんか。女の子はやっぱなんかさ、たれないようにさちょっとずつ食べんのよ。男はうぉっ!ってたべんの。で、鼻水出てるときにティッシュ出してくれたり・・・

弘:あー

直:時とか好きになっちゃった。

全:笑

弘:まずそう、だから失敗しないためにでもビクビクするよりはね、なんか積極的になほうがいいんじゃない?

升:積極的にね、なんか自分らしさを出してくといいんじゃない。

直:うん、あとね、第一ボタン第二ボタン開けた方がいい

弘:あーそれスゲェいいなー

升:なんか開けてるときと、あけてないときがあるといいんじゃねぇかな。

直:あぁそうなんだよね。わかる!

升:開けて・・・(笑)ちょっとこれは難しすぎたか!

直:いや、でも教えてあげたほうがいい!

升:なんかまぁだんだんほら、昼間になってくると開いて、なんかまた日が沈んでくるとちょっと閉まってる。

直:あぁそうなんだよね。無理してないからいいね。

升:で、また夕方過ぎると開いてくんの。

直:うん。

弘:いいね。

升:そういうなんかねぇ、やっぱほら、朝顔もさぁ閉じたり開いたりするじゃん。自然。はい、次です!(笑)

直:あったかく・・・なるといいね!

升:はい、また修学旅行編。「PNゆずぽんです。」男じゃねぇかよ!中3の。

直:いいじゃねぇかよ。

弘:そんなおこんなよ

升:まぁいいや。「突然ですが僕には今好きな人がいます。」突然じゃねぇか!

全:笑

直:まぁ男なら俄然ヤル気になる傾向があんじゃん?(笑)

弘:実際そうだろ(笑)

升:にしても突然だろコレ(笑)

全:笑

升:「その人は二年生のときから好きで、三年生でもクラスが一緒になって嬉しかったのですが」

直:うんうん。

升:「二年生の時はよく喋ったりしていたのですが全然喋らなくなってしまいました。」

直:あらら

升:「そして5月16日に修学旅行があります。」まぁもう終わってるけどね。

直:うんうん。

升:「この状況でどうすれば彼女に近づけるでしょうか?そして告白すべきでしょうか?ちなみに僕の体型はやや太り気味です。」

直:(笑)

升:あぁ、コイツはもう修学旅行終わってもうどうにもなんないけど

直:みやじ君みたいなカンジ!

升:みんな似たシチュエーションあると思うからね。あえて

弘:ポッチャリ系だ。

直:ポッチャリ系。

升:あえて考えていかなきゃいけない。

直:ポチャを生かしてくしかねぇな!

弘:そうだね。

升:ポッチャリ系が修学旅行で告白するかどうかって話を。

直:あのね、なんつーんだろ。修学旅行ってやっぱみんな胸高まるじゃん?

升:胸高まる。

直:オレが危険だって思うのが、修学旅行で告ってしまうと長続きしないっていうのが決まりなんだよ。

升:あぁお互い「わー!」ってなって

直:「わー」ってなって、「ごめん、あの時『わー』ってなっていっちゃったけど、1ヶ月ヶ月経ってみて、やっぱり違うかなって思った」みたいな。

升:笑

直:俺ねぇ、1番いいのが修学旅行終わって次の学校って結構いいと思う。

弘:あぁ、確かにね。たとえば修学旅行の前半で告白しちゃうともうね、修学旅行全体がギクシャクしちゃう可能性あるから。

直:それか一番最後で

升:笑

弘:一番最後がいい。

升:最後にしてもねぇ、まぁ。

直:まだ中学生だからいいか!ちょっと短い恋でも。

弘:いや、だから俺はね1番可能性上がってんのは修学旅行の時期なのかもしんねぇと思ってるよ。

直:そうだね!みやじ君もー

升:お互いのパッションでしょ。

弘:パッションが高まってるんじゃねぇかなっていう。

直:ダイハードっていうかスピード効果だよ。

弘:みやじ君にね、可能性が1番高まる時期なんだ

升:だからみやじ君じゃねぇっつってんだろ!

直:ゆずぽん(笑)

升:ゆずぽんって言え

弘:そうか(笑)

直:じゃぁそれでいいかな?

升:それでいい。

直:告れ!絶対!で、その結果俺等に送れ。絶対。

升:だからコイツはもうやっちゃってんだけどね。コイツはもう過ぎてるから、修学旅行は。

弘:とりあえずBUMPさん待ちで告んないでいたかもしんねぇ!

全:笑

直:だからもういいよ!今から告れ!関係ねぇ

升:うん関係ねぇ

直:関係ねぇ

升:もぅ修学旅行とか関係ねぇ!

直:そうだ、今すぐ告れ!で、だめだったら俺らのせいにしてみ?いいよ全然それで!!

升:だめだったらーあいつらがくだらねーこと言ってたせいだって

直:ずっと言い続ければいい(笑)死ぬまでそうやって(笑)はい、次!

升:はい、えーっと今日はおしまいです。

直:マジで?

升:えーみんなありがとう。これからもドシドシ送って下さい。

直:ぅぅん!

升:ぅぅぅぅぅん!さて、この番組ではメンバーへの質問・ラブレター・曲の感想はもちろん、大学の学園祭で年上のあの人にトキめいた気持ちを送ってもらう、ドキドキラブメール。なんとしても今年の夏は、と意気込んでいるバンドヤローからの質問に答えるバンヤロ。そんな君達の練習成果を送ってもらう、チャマ!コレ聞いても待ってます。

直:バンドやってもモテねぇべ。

弘:ね

升:宛先です。

直:よく言ってねぇとみたいな感じになっちゃって

升:いや、やっぱ俺等の立場的にはバンドはモテるってことをドンドン提示してあげてきたよね!

直:そうだなぁ、あげていきたい。

升:どんどん皆に着いてきてほしい。バンドはモテる!

直:はい。

升:モテるといいね。

全:笑

升:宛先です。はがきの方は「〒260-8625 bay FM」。FAXの方は「043-227-8011 ネオストリームナイト BUMP OF CHICKENのPONTSUKA!!の係りまで。e-mailでは全て小文字で「bump@bayfm.co.jp」です。さて、現在夏体づくり計画表作成中のBUMP OF CHICKENですが、

直:あ、作成したね

升:増川も夏フェスではトータルワークアウトを経て(笑)

弘:具体的だな(笑)

升:からだを探して

直:ヒロん家に昔さ、筋トレみたいなん貼ってなかった?

升:なんかね「毎日筋トレ」っていうね、手書きの紙が貼ってあった(笑)

直:まだお前東京出てきたばっかの時に

弘:貼ってあった(笑)東京出てきたばっかの時な。

直:ポンって置いてあって、その上に毎日筋トレみたいなん置いてあった(笑)

升:筋トレっていうのがあって、あとプロテインの大きい缶が置いてあった(笑)

全:笑

弘:ごめーん、ごめーん!(笑)

升:だからね(笑)

直:ごめーん(笑)

升:いや、増川は今回からそういう自主的なね、やつじゃなくてちゃんとした人についてるから。

直:ちゃんとした人に

升:トータルワークアウトして(笑)

弘:ちょ調べてみるわ。

直:うん、いけると思う。

弘:やったことない。

升:あ、でもそれでお前は本当にさ、バンド1のムキムキになったら嬉しいでしょ?

弘:うーん、バンド1は多分。

直:ヒロがムキムキになったら俄然パワー盛り下がる(笑)

弘:バランス変わってくる(笑)

直:バランス変わってくるよ(笑)1人だけ「ん?」って奴いんだよ(笑)困る。うん。はい。

升:はい、えー今年の初めてのライブ、夏フェス参加スケジュールが続々きました。

直:今年なんもやってねぇから、ライブ。

升:まずは7/24(日)広島でのセットストック

直:セットストックね。

升:そして8/5からスタートする茨城でのロッキンジャパンフェスティバル

直;うんうんうん。

升:およそ半年振りのライブだけに、みんなに会えるのを楽しみしています。そこまで書いちゃった(笑)

全:笑

升:ここまで書いちゃった(笑)まぁ楽しみだけれども。

直:半年振りって

弘:半年振りで

直:俺らからしてみれば一瞬だよね。ファンからしてみればねぇ、ずっと待っててくれてありがとさん!っていうカンジなんだけども。んーありがとう!!

升:詳しくは俺達のHPをチェックしてみてください。アドレスはwww.bumpofchicken.comです。それではそろそろお別れの時間です。この時間のお相手はBUMP OF CHICKENの

弘:最近えーっとね、あの風の音、風っていうかピシッって音。家の。スゲェ鳴るんだよ、家。結構ヤベェんだよな(笑)

全:笑

直:ぶっちゃけ結構ヤベェよ(笑)

弘:結構ヤバイのかな、と思い始めてる増川弘明と

升:最近ねぇ、なんだ?何?

直:最近。

升:なんだろ、最近のね、ジャンプの最後の方だね。最後の方の連載の方。が、スゲェ気になる升秀夫と

直:最近ねぇ、あれなんだよ。あのTシャツがスゲェ気になってんの。サイガス(笑)あぁサイガスのTシャツが気になってるBUMP OF CHICKENの直井由文でした!(笑)

升:もうねぇ

直:あぁ

升:もうねぇだろ(笑)

直:うん(笑)それでは最後にこの曲を聴いてください。せーの、

全:ハルジオン!

曲:ハルジオン